投稿者「unbalmc@adams」のアーカイブ

ペロリコドッグフード アレカット

レティシアンの「ペロリコドッグフード アレカット」をご紹介します。

 

ペロリコドッグフード アレカットは、完食ペロリな低アレルゲンドッグフードです。

 

犬も食事から「アレルギー」を発症することがあります。
これは、生き物に備わっている免疫システムによるもので、特定のアレルゲンが体内に入ることで、異物から体を守るための免疫システムが過剰に働き、かゆみや皮膚炎といった症状を引き起こします。

 

アレルゲンは、食べ物のほか、ハウスダストや花粉、ダニなどがありますが、食物アレルギーのアレルゲンは、主にタンパク質です。タンパク質は分子が大きいため、アレルギー配列を含みやすく、免疫細胞がアレルギー物質を検出しアレルギーを発症する可能性が高くなってしまいます。

 

そこで、ペロリコドッグフード アレカットは、独自の技術「HDP(Highly digestible Protein)※」で加工したターキーを使用しています。
タンパク質を粒子の小さいペプチドやアミノ酸に分解してあるHDPは、アレルギー物質として感知されにくく、アレルギー発症のリスクを抑えることができます。すべての犬にアレルギーが起こらないわけではありません。

※ HDPとは、独自の天然酵素によってタンパク質をペプチドやアミノ酸に分解する加工技術を指します。



愛犬にこのようなお悩みありませんか?

病院にケア用フードをすすめられた…
少しでもアレルギーの出る可能性がある食材は避けたい…
食べられない食材が多すぎて合うフードがない…
美味しく体にやさしいフードが見つからない…

このような、デリケートな愛犬の食事選びについてお悩みの飼い主様は、レティシアンの「ペロリコドッグフード アレカット」をぜひお試しください。

 

ペロリコドッグフード アレカットは、タンパク源としてアレルギーリスクが比較的少ないターキーのみを使用しています。
それは、チキンや牛肉、ラムなど複数の原材料が使われているフードでは、その中に1つでもアレルゲンとなる食材があると、アレルギーを起こす原因となってしまうからです。ペロリコドッグフードは、ターキー以外の動物性原材料を使わないことで、アレルギーのリスクを抑えています。

 

グレインフリーです!

ペロリコドッグフード アレカットは、アレルギー源となる穀物・豆類・乳・卵を使っていません。
一般的なドッグフードでは、炭水化物源として穀物や豆類のデンプンが使われているのに対して、「ペロリコドッグフード アレカット」ではサツマイモやアマニ、タピオカを採用。安心して食べてもらえるように、良質な炭水化物源にこだわりました。

 

また、市販のフードには、嗜好性を高めるための香料や着色料が使われていることがありますが、これらの添加物もアレルギーの原因となる可能性があります。香料・着色料を一切使わず、原材料の品質にもこだわった「ペロリコドッグフード アレカット」なら、デリケートな愛犬にも安心して与えていただけます。

 

アレルギーが気になるワンちゃんには「ペロリコドッグフード アレカット」がオススメ!

公式サイトはこちらから↓

完食ペロリな低アレルゲンフード「ペロリコドッグフード アレカット」

犬が偏食になる理由

愛犬の偏食に悩んでいませんか?

マックアダムズドッグフード チキンは、本気で偏食克服を目指すプレミアムドッグフードです。

 

犬が偏食になる理由はさまざまです。以下に、その主な要因について説明します。

健康問題

犬が偏食になる一因は、健康問題が関与している可能性があります。例えば、歯の問題、消化器系の不調、病気などが食欲減退の原因となり、犬が特定の食べ物を避けることがあります。

 

食べ物の嗜好

犬は個体差が大きく、好みや嗜好も異なります。特定の食べ物を好まないことがあり、これが偏食の原因になることがあります。

 

食事の単調さ

同じ種類や味のフードを繰り返し与えると、飽きてしまい偏食になることがあります。食事のバリエーションを取り入れることが大切です。

 



 

環境の変化

犬は環境の変化に敏感であり、ストレスや不安が偏食の原因になることがあります。引っ越しや新しいペットの追加、飼い主の変更などが影響を与える可能性があります。

 

飼い主様の態度や給与方法

飼い主様が不安や心配を感じてしまうと、それが犬に伝わり偏食の原因になることがあります。また、食事の与え方やタイミングが一定でない場合、犬が食事を拒否することがあります。

 

おやつの与えすぎ

飼い主様が過度におやつを与えると、犬が本来の食事を拒否することがあります。バランスのとれた食事を優先するように心がけましょう。

 

あなたの愛犬にあてはまることはありませんか?
これらの要因を考慮して、犬の偏食に対処するためには、まずは健康状態を確認し、適切な食事療法を検討することが大切です。また、食事のバリエーションを増やしてあげることも重要です。

 

本気で愛犬の偏食を目指すなら、食いつき抜群の「マックアダムズドッグフード チキン」をおすすめします。どうして食べてくれないの?のお悩みに終止符を!

マックアダムズが抜群の食いつきを実現する4つのポイントはこちら↓

イギリス産・本気で偏食克服を目指すプレミアムドッグフード『マックアダムズドッグフード チキン』

レティシアンの社会貢献活動

レティシアンの社会貢献活動

 

レティシアンでは、皆様への感謝の気持ちを社会に還元できるよう積極的に「社会貢献活動」に取り組んでいます。そこで、今回は、レティシアンが行っている様々な社会貢献活動の内容を紹介いたします。

 

ペットフード寄付活動

ペットフードの販売にあたり、品質検査をクリアし、フードの品質には問題がないにも関わらず、様々な理由からお客様にお届けできない商品が発生します。こうした商品は、人と動物の暮らしに貢献する団体様に寄付させていただいております。
その他にも災害発生時には被災地にペットフードの支援を行っています。

また、日本聴導犬推進協会様もレティシアンのペットフードの寄付先のひとつです。
日本聴導犬推進協会様は、動物福祉と障がい福祉を目的とし、聴導犬の育成活動と広報活動を行っていらっしゃる団体です。
実社会で役立つ聴導犬を育成し、そして聴導犬のことを広く世の中に知ってもらうために、聴導犬の役割や仕事について講演を行われています。

「聴導犬が当たり前の社会」の実現を目指すと同時に、「人も犬も幸せに過ごすことができる風景」を増やすため、日々尽力されており、訓練に励むワンちゃんたちを食事の面からサポートするため、レティシアンのペットフードをお役立ていただいております。

 

障がいをお持ちの方々への自立活動支援

お客様にお届けするパンフレットなどの封入作業を、東京都にある板橋区立赤塚福祉園様にお願いしております。

赤塚福祉園様は、地域で暮らす障がいをお持ちの方々の社会参加を促進するために必要な支援をするとともに、就労困難な知的障がいをお持ちの方にお仕事を提供し、自立生活に向けた支援活動を行われています。

レティシアンでは、その活動に少しでも貢献できればとの思いから、企業としてパンフレットの封入作業をお願いしております。

 

いかがでしたでしょうか?
レティシアンでは、ただペットフードをお届けするだけでなく、様々な形で社会に貢献し、レティシアンに関わってくださっているお一人お一人とのご縁を大切にしています。